Lost in translation

渋谷シネマライズで「ロスト・イン・トランスレーション」を観る。
最初は典型的な東京ディフォルメ映画かなと思ったが、ラストでは
何かものすごく心を掴まれた感じがした。
監督のソフィア・コッポラも良くぞここまで東京の印象的なシーンを
外すことなく切り取ったなと本当に感心した。
東京って世界の他の大都市と比べても情報量や多様性って一番だと
思うけど、価値観は意外に均一でそのギャップが独特の不安感というか
孤独感を生むように思うのだが − またそれが魅力的で心地良かったりも
するのだが − そんな東京の特徴とビル・マーレイ演じる役の心情が重なって
描かれていたように思う。
しかし、スカーレット・ヨハンソンってキレイだな。
あんな外人の友達僕も欲しい。偶然だけど舞台となった新宿パークハイアット
で昨日バナナブレッドを買った。食べるのが楽しみ。

http://www.lit-movie.com/lit.html