竹内均先生

訃報をCheckしていたら東大名誉教授の竹内均先生が4月20日に
亡くなられていたことを知った。
僕は中学時代、科学にハマったことがあって、毎月少ない小遣いの中から
「ニュートン」と「クォーク」という結構高価なサイエンス雑誌を講読して
いたことがあった。その時、ニュートンの編集長だったのが東大教授で
地球物理学者だった竹内均先生。いかにも難しいこと言いそうなのに、とても
簡単に引力や地球の地殻変動の仕組みを説明してくれて科学をますます
魅力的なものにしてくれた。
受験生時代は偶然にも代ゼミの名誉校長をされていて、そこで生徒向けに
発行されてた雑誌に「勉強とはテクニックの表面的なものではなく、物事の
本質や仕組みに興味を持ち、解明する姿勢が大事。」ということを
おっしゃられていて、これは今でも僕の心に強く響いている。
遅ればせながらご冥福をお祈り致します。