STAR TREK 1979 & 1982

PSXの動作検証がてら「STAR TREK -THE DIRECTOR'S EDITION-」と「STAR TREK THE
WRATH OF KHAN」を観た。それぞれ1979年と1982年という初期の作品なのだけど最近のもの
よりクリエーターのクラフトマンシップというか大衆に迎合してないというか、異常なまでの
こだわりとウケ狙ってないところがとても好感が持てた。延々と続く当時の特撮映像技
術では限界目一杯(と思われる)での宇宙空間のシーンなんかはトレッキーの僕でもちょっ
とひいたほどこだわってて、ほとんど自己満足の世界と言えた。キャラへの愛情も尋常でなくて
カークやスポックやマッコイらメインのキャラがもうカッコ良すぎに描かれている
脇役は可哀想なほどあっけなく死んでいくのに。創ってるほうは楽しかったろうなぁ。