携帯電話

今日は携帯電話を自宅に忘れて出勤してしまった。わーたしの記憶が確かならば(鹿賀丈
史調)これは携帯電話を持つようになって10年近く経つが2回目のこと、つまり極めて稀
なことである。やはり何か落ち着かないというかちょっと不安感すらおぼえる。
他に普段持ち歩いて忘れる可能性があるものというと財布、定期、ハンカチ、鍵、IDカー
ド、腕時計 なんてのがあると思うが忘れた場合の不安感は、
携帯>財布>IDカード>鍵>腕時計>定期>ハンカチ なんて感じだろうか。不便さなら
IDカード>携帯>財布>定期>腕時計>ハンカチ>鍵 となるかな(僕のオフィスではID
カードが無いと行動がすごく制限される)。いずれにせよ携帯は上位、改めていかに携帯
に依存して生活しているかを再認識した。