ベトナム旅行サマリー

ベトナム旅行より無事帰国。
ベトナムは予想以上にディープでパワフルな国でした。今まで行ったアジアの国々の中で
最もそう感じた。また初めての社会主義国ということもあり他の国では感じ得なかった新
鮮さがあった。いつも思うのだけどアジアの国の方が欧米の国より違った価値観を有して
いるというか異質な文化圏に感じるのは生まれ育った日本がアジアから逸脱してあまりに
も欧米に向いているからだろうか?これまで受けた教育や日常触れている文化やテクノロ
ジーが欧米中心のものだからだろうか?以下今回のベトナム旅行でやったことのSUMMARY
です。強く思ったことや特に面白かったことのレポは毎度ながら(忘れなければ)追々とい
うことで。


9/11 sat
・16:20 クアラルンプール着。やはりビジネスクラスは快適。
・タクシーでクアラルンプール市内へ、途中椰子の森が拡がる。
・MERIDA KUALA LUMPURにチェックイン、思っていたよりずっと豪華なホテル。
・ホテル周辺を散策、クアラルンプールは想像していたよりずっと近代的。これまで行っ
 たアジアの都市では最も近代的でないだろうか。
・中華の屋台街で夕食、福建料理のようで土鍋で豚の骨付き肉やバラ肉やモツをお茶で煮
 た料理が美味しい。その他小さい貝をレモングラスで煮た料理や空心菜の炒めなどお腹
 一杯になるまで食べて2人で29RM(約900円)、安い!
・夜のクアラルンプールを散策、街のパワーがスゴイ。街の雰囲気はワイキキとラスベガ
 スと新宿を1:1:2で足してシェイクしたような感じ。
・タイガービールを飲んで就寝。

9/12 sun
・8:00 起床
・昨晩夕食をとった屋台街に行きカオソーイや魚のすり身の入った麺で朝食。ブラックジ
 ェリー(多分亀ゼリーだと思われる)の飲み物にうかつに氷入りで飲んでしまったがその
 後も何ともなかった。
・10:30ホテルをチェックアウトしタクシーでクアラルンプール国際(KL)空港へ。
・KL空港のビジネスクラスラウンジで寛ぐ、ここのラウンジは今まで行ったラウンジの中
 で(そんなに行ったことないけど)一番豪華だった、食べ物、デザート、ドリンクまで驚
 くべき充実度しかも美味しい、一流ホテルのビュッフェ並み。シャワー、サウナ、リラ
 クザーションルームまであり、もちろんインターネット接続のフリーPCあり。
・15:30 ホーチミンのタンソンニャット国際空港着、空港に着くや否や激しいスコール。
 雨が屋根を打つ音がスゴイ、この空港大丈夫かいな?
・激しいスコールの中タクシーでホテルへ。豪雨の中みんなスクーターやスーパーカブ
 で走ってる走ってる。しかも信号無視、対向車線はみ出し多数おまけにみんなノーヘル
 で二人乗り三人乗りは当たり前、よく事故起きないなぁ。
・ドンコイ通り沿いのGRAND HOTELにチェックイン。
・ホテル近くのベトナム料理屋「NamAm」で夕食、ゲウタイカムというハマグリを土鍋で蒸
 した料理が最高に美味しい、立派なハマグリが20個位入ってて40万ドン(約300円)恐る
 べし安さ。ゴイクン(生春巻き)やチャオトム(サトウキビの芯にエビのすり身を巻いて
 焼いたのをミントやレタスとライスペーパーに巻いて食べる)など食べる。
・夜のホーチミンを散策、夜のほうが人が街に出てくる、スクーター&スーパーカブの数
 がスゴイ、街中暴走族の集会のよう。夜なのに街角で子供を遊ばせる親がたくさんいる
 みんな家にはいたくないようだ。日本なら夜はみんなテレビ見るというのが夜はみんな
 で街中にでてブラブラしようって感じなのかなぁ?
・さすがに疲れたので早めにホテルに帰って休む、KLとホーチミンの街のパワーに圧倒さ
 れた。

9/13 mon
・7:30 起床
・GRAND HOTELのCAFEで朝食、フォーとフルーツが美味しい。
・徒歩でホーチミン最大の市場であるベンタイン市場に向かう、行く途中中華街に行くこ
 とを薦める客引きオヤジ2名遭遇。変に英語で断るより日本語で「ゴメン明日にする。」
 という方が引き下がる。
・ベンタイン市場で妻がマニュキュア塗りをしてもらっている間、マニュキア塗りの女の
 娘達に混じって待っていたのだが「あなたもやれ。」からかわれるので独りで市場内散策。
 食肉部門が迫力あった。しかし、市場内はとても暑い。魚とか肉とか腐らないのかなぁ。
・徒歩でヤンシン市場へ、ここはミリタリーモノと工具の市場。ベトナム戦争時米軍が残
 していったジッポーとかが大量に売っていたが特に興味なし。
・徒歩でバックパッカーの多いフォングーラオ通りに向かう、カフェでお茶していると突
 然スコール、タイミングが良かった。
・スコールが弱まったので、徒歩で「戦争証跡博物館」に向かう、途中お腹がすいたのでバ
 インミーを食べる、フランスパンにレバーパテと何種類かのハムと香草タップリの野菜
 をはさんだもの、美味しい。
・雨が小降りで降り続いているのとあまりの道の悪さと蒸し暑さと交通量の激しさで疲れ
 て「チェングエン・コーヒー」で休憩、ベトナムコーヒーを頼んだつもりがリプトン紅茶
 にタップリの練乳を入れて飲むヤツが出てきた。
・「戦争証跡博物館」は博物館なのにエアコンが無い。展示物はベトナム戦争の悲惨さを訴
 えるに十分のものばかり。枯葉剤やナパーム弾やソンミの虐殺や拷問牢獄など恐ろしい
 ものばかり、人間ってこういうもの作って使っちゃうんだよなぁ。
・タクシーでホテルに帰る、ボラれた。
・あまりに暑いのでホテルのプールで泳ぐ、気持ちイイ。
・タクシーで蟹料理の「クアン94」に行く、フライドソフトシェルクラブや蟹の爪の蒸し
 物やフライや一匹タマリンドソースの炒め物など食べる、カニチャーハンとカニスープ
 も美味しかった。
・ホテルに戻りホビロンを求めて近くの旧市場に行くが見つからず。
サイゴン川岸を散歩してホテルに戻る。
・ホテルでフルーツをツマミにサイゴンラムを飲む、結構美味しいこれでボトル一本70円
 だもんなぁ。フルーツはランプータンが美味しくてむしゃむしゃ何個も食べてしまった。

9/14 tue
・8:00 起床
・GRAND HOTELのCAFEで朝食、オリジナルのバインミーを作って食べる。
・徒歩で国営百貨店に行く、店員みんなヒマそう。社会主義だから競争が無いので効率性
 と合理性は重視しないのだろうな。
・国営百貨店向かいのDUTY FREEをひやかし、サイゴンセンタービルに行く。フェイク品
 ばっかり、でもオーディオ・ビジュアル製品はどこも本物で充実している。SONY、PANA
 SONIC、SUMSONG、BOSE、NAKAMICHI、PIONEERなど一流モノばかり、真空管アンプもあ
 った。価格はほぼ日本並み。ベトナムの平均的経済力じゃとても気軽には買えないと
 思うけど誰が買うのだろう?
・ベンタイン市場近くの「フォー2000」でフォーを食べる。有名店らしくクリントン
 来たらしい、エアコンも無く窓にはガラスも無い簡素な佇まいの店なのに。
・徒歩で「統一会堂」に向かう、昔の大統領官邸。しかし、ここもエアコンが無い、造りも
 とても質素、どっかの公民館レベル。地下室がベトナム戦争当時軍事本部があったそう
 で迷路のようだった、雰囲気もとても不気味、下手なオバケ屋敷より怖いマジで。
・タクシーでホテルに戻る。あまりの暑さと疲労のためホテルのプールで泳ぐ。
・急に腹痛に襲われる。カフェとかで氷抜かずにドリンク飲んでいたからか?単に食べす
 ぎ飲みすぎか?
・腹痛と疲労のため部屋で昼寝。
・食欲がイマイチだったため、インド料理の店「アショカ」にカレーを食べに行く。スパイ
 スが弱った胃に効くようにと祈りを込めて食べる。ナンが小さかったがカレーはとても
 美味しい。ラッシーも美味しくおかわりした、乳酸菌も弱った胃に効くように。
・徒歩でホテルに帰る途中、この3日間本当によく歩いているため足の疲労が最高潮に達
 しているので足マッサージを受けに行く。
・約70分足、肩、背中と頭をマッサージされて生き返る。足ツボを棒で押すのが効いた。
 胃腸関係のツボ押してくれたかなぁ。
・体調イマイチなこともありホテルに帰り酒も飲まず早めに就寝。

9/15 wed
・8:00 起床
・GRAND HOTELのCAFEで朝食、昨日お腹を壊したこともあり中華粥を食べる。
・タクシーでチョロン地区にあるチャイナタウンとビンタイ市場に行く。僕が今まで行っ
 たあらゆる国の市場の中で最も密度が高くうるさく臭い市場だった。売られているの
 ドリアンとニュクマムと塩辛が混じった匂いが暑さの中でより際立って立ち込めていた。
 市場フリークの僕もあまりの暑さと狭さとうるささと臭さでテンションが下がる。
・タクシーでドンコイ通りまで戻る。
・「テンプルクラブ」という店でベトナムプリンを食べようとしたが間違えて「ファニー」と
 いう店に入りアイスクリームのパフェを食べることに。
・徒歩で旧市場を通り〜国営百貨店で涼み〜人民委員庁舎を見る。
・ベトナム料理の「フォンライ」で昼食。エアコンもあるし小洒落た雰囲気の店でとまどう。
・徒歩でダイヤモンドプラザデパートひやかし〜サイゴンスクエアショッピングセンター
 ひやかす。こっちのデパートはどこも同じようなブランドが入っているちょっとそれも
 流行遅れピエール・カルダンとか国の認可しかブランドのみ許されているのだろうか?
・「キムタイン」でベトナムプリンを食べる。
・徒歩でベトナム雑貨屋などを巡りながらホテルに戻る。
・今日もよく歩いたのでホテルでフットマッサージを受ける。かなり痛かったが終わった
 らスーッと足が軽くなった。
・ベトナム料理の「レモン・グラス」で夕食。ここも小洒落た観光客の多い店だった。
・旧市場やホテル周辺を散策、卵を乗せた屋台を発見する。念願のホビロンだった。詳細
 は後日。
・徒歩でホテルに帰る。
・部屋でベトナム産のダラットワインを飲む。軽くて若々しい感じなのだけどちゃんと
 葡萄酒って感じさせる美味しい、これで1本200円位。

9/16 tur
・8:00 起床
・GRAND HOTELのCAFEで朝食、ここのフォーも最後。
サイゴンツーリストデパートで現地の怪しい感じのお菓子類の土産を買う。
・12:00 チェックアウト。荷物を預かってもらい周辺をフラフラしに行く。
・最初の夕食を食べたベトナム料理屋「NamAm」で昼食。バインセオ(ベトナム風お好み焼き)
 やエビと空心菜の甘くて酸っぱいスープなどを食べる。
・近所の店でバッチャン焼きという焼き物の小皿などを買う。
・ホテルに戻りタクシーでタンソンニャット国際空港へ。
・クアラルンプール空港で乗り換え、またここのビジネスクラスラウンジで寛ぐ。
・クアラルンプール空港からコタキナバル空港で一時着、ここはマレーシアのアイランド
 ビーチリゾート島系観光の拠点らしく、それらから帰ってきた日本人がどっと搭乗して
 くる。
・9/17 fri 7:00成田着。