炙り処ほしかわ家 西麻布

西麻布交差点から星条旗通りの方に向かって歩いた以前はラーメン屋だったところにかな
りオープンな感じのカウンター主体のスタンディングで飲ませる店ができていた。覗くと
魚貝中心のメニューが見えて興味をそそられたので入ってみた。焼酎主体で麦から芋、黒
糖までかなりの種類を揃えていて、料理は干物や貝などの魚貝を七厘で炙って食べさせて
くれる、明らかに浅草や新橋あたりの立飲み風だが場所柄と雰囲気からBarと言っても変
ではない。黒糖焼酎の「れんと」を頼んでほっき貝とさつまあげを炙ってもらったが杯や
器も凝っててこれがなかなかいい感じ、しかも20:30〜朝8:00までやってるみたい。これ
ならこの辺の他のBarが全て閉まった後でも楽勝で来れるなぁ。いい気分になって常連ら
しきオヤジと西麻布・六本木界隈がいかに日本のアンダーグランドと関わってきたかにつ
いて話し込んでしまった。かなり怪しい話たくさん聞けたぞ「星条旗新聞社は実はCIA
日本支局だ」とか。この店WEBで調べたけど、できたばかりのせいかまだ一切情報載って
いない、また来ようっと。