「おカネの発想法」木村剛

僕の投資戦略における日本人2大師匠の1人として心より崇拝する木村剛氏の新刊
「おカネの発想法」(日本実業出版社)が発売になった。ちなみに日本人2大師匠のもう1人
2004-10-21のblogにも書いた藤巻健史氏、この御二方を僕は深い尊敬と愛情を
込めて"Wタケシ"と呼んでいる(昔の漫才コンビ名みたいでイイでしょう)。以前読んだ「投資
戦略の発想法」(講談社)(ちなみにこれ図解版というのが出ているけどオリジナル版の方が
僕は好き)で目から鱗ボロボロ落として以来早く新刊でないかな〜と待っていたのでとても
楽しみ、今通勤途中に読んでるAmazonのユーズドで落とした大前研一氏の「日本の真実」に
ちょっとヒキ気味だったのでとっとと読み終えて早く読み始めたい。Amazonで早速購入と
思ったが手元に図書券が大量に余っているので営業再開した青山ブックセンターで買って
こようっと。