愛ルケ

最近ちょっと「愛ルケ」が気になっている。おばさんは「冬ソナ」に、おじさんは「愛ル
ケ」にハマっているとAERAの記事にもあったので、結構巷でも話題らしい。「愛ルケ」と
日経新聞最終面で連載中の渡辺淳一の小説「愛の流刑地」のこと。ストーリーは「失楽
園」と同コンセプト(というかほとんど二番煎じとも思われる)の中高年男女の不倫モノ。
日経を1面から読んでいくと社会とか国際とか経済とかタップリあって最後の最後にこれ
が来る。そのギャップというか最後のドンデン返し感がイイ感じ。忙しい時なんかはこの
愛ルケ」だけ読んだりしてるのでかなりの気になり具合(だって他記事はWEBで読めるし)。
失楽園」は読んだことがなかったが「愛ルケ」を読んでいてひとつ発見したことがある。
それは"渡辺淳一先生の文章は僕の文章と似ている・・・"ということ。以前、ふざけて某
友人を題材に"Story of Sales H.H"という小説(といえるのか?)を書いたことがあるが
今読み返すとこれが良く似ている。ある男の心理描写中心にその周辺の人物の様子を詳細
にあまり盛り上がることく淡々と書き進めているところなんか特に。ひょっとしてその方
面の才能あるのだろうか?試しにヒマを見つけて書いてみるか!不倫官能小説。経験が無
いので想像を膨らませて、ついでにコカ○も膨らませて。