豚肉と竹の子と高菜の唐辛子炒め by 四川飯店

ここ数日、担々麺欲が高まっていたのとNHKの料理番組で陳建一が麻婆豆腐を作っていた
のを見たのが触媒となり、昼に久々に六本木「四川飯店」に行った。担々麺は美味しかった
けど、麻婆豆腐はやっぱり赤坂本店の方が美味しい。辛さも痺れ具合も赤坂本店の方が強
いし。見た目の色も赤坂の方は茶色っぽくて、六本木は鮮やかな朱色。使っている豆板醤
が違うのかなぁ。他に頼んだごぼうと卵の炒め物も美味しかったが、今日のマイ・フェィ
バリットは「豚肉と竹の子と高菜の唐辛子炒め」デカイくて真っ赤な半分に割られた鷹の爪
がたくさん入っていて、その香りがすごく良かった。何か担々麺とか麻婆豆腐とか定番以
外のメニューが前よりレベルアップしたような気がする。しかも、サービスも前より良く
なったような。そのせいか客も前より多くて混んでるし。