ワンキープー

今日は早めに帰宅したので「真珠の耳飾りの少女」のDVDを見た。
良い映画だった、ひとつひとつのシーンがフェルメールの絵画を
意識したように綺麗だった。スカーレット・ヨハンソンがスゴク
良かった「ロスト・イン・トランスレーション」もかなり良かったが
これも負けないくらい。 話変わって...僕の生活におけるかけがえの
無い存在として、心から愛してやまないスコティッシュ・フォールドのワンキープー
(義理親の愛猫、僕とは義兄弟のような関係になるのか?)がいる。そもそもこの名前
妻がアガサ・クリスティの小説に出てきた猫の名前をパクって付けたものだが、飼って
6年も経つのに、昨日までこの名前の本来の意味は知らなかった、というか特に気に
しなかったのだが。それがひょんなことから判明した、なんと「グラグラするウンコ」と
いう意味らしい。wonkyはスラングでグラグラする、pooは幼児言葉でウンコ。なんでも
義母がNOVAで英国人教師に猫の名前を言ったら大爆笑されて判明したらしい・・・。
そもそもワンキープーは血統証上の正式な名前はガイ(GUY)というそれはそれはクールな
名前だった。それが「グラグラするウンコ」なんて名前を付けられて呼ばれていたとは・・・
可哀想に・・・。その英国人教師が同じ日本居住外人達に「日本人が猫にグラグラするウンコ
なんて名前付けてたんだぜー。」なんてネタにして大笑いしているのが目に浮かぶ。