両親との親睦会&オマーラ・ポルトゥンド他

昨日は両親と叔母と愛犬(トイプー1匹)が我が家に遊びに来たのでプチ・ホームパーティ
だった。楽しい会だったが、気になったことがひとつ。父親が「この本を読んでおけ。」と
本を1冊置いていった。本は「葬式革命−お葬式の価格破壊と品質革命が今始まった−」。
そして、更に「僕の葬式はなるべくシンプルに。」「僕が死んだことを連絡して欲しい人の
リストを作ったから、もし死んだらそこには最低連絡してくれ。」なんてことをいきなり
言いだした。僕はすっかり酔っぱらっていたので「じゃあ、庭のピキ(小さい頃飼っていた
トイプー)の墓の隣に穴掘って、石にマジックで"父の墓"って書いて埋めてあげるよ。」
なんて冗談言っていた。が、ちょっと前に、父が身辺をなるべく整理したいと言って、父
が出資して僕名義で購入した某社の株を僕が引き取ったことなんかもあり、なんか心に
引っ掛かった。なんなんだろうなぁ、気になるなぁ。
話し変わって・・・、セブでテレビ無しの生活をしてから、帰国後も極力テレビを見ていない。
その方が精神的にいい感じだし、いろいろ生産的な活動ができる(なんてテレビ局に勤めて
いるのにイイんだか・・・)。代わりに、iTunesからAirMAC経由で音楽を流しっぱなしにして
過ごしているのだが、もっとカリブ系、特にキューバ音楽を増やしたいなぁと思って
たまにはオンラインではなくインストアで買おうということでTower@渋谷に行った。
G/Wも最終日なので渋谷もさすがに人の数は通常か、ちょっと少ないくらいになっていた。
購入したCDは以下。

・「FLOR DE AMOR」 −Omara Portuondo−
・「BUENOS HERMANOS」 −Ibrahim Ferrer−
・「ECLIPSE」 −Mana−

オマーラ・ポルトゥンドはイイ!オバサン(というよりオバアサン)の歌声にこれほど引き
込まれるってありえないと思っていたけど、オマーラはスゴイ。まさにキューバの美空
ひばり。ManaはメキシコのNo.1ロックバンド。サンタナの「Super Natural」でコラボして
いてその時からチェックしていたのだけどやっと見つけた。明日から暫くヘビロする予定。