がんばれ

「がんばれ」という言葉、結構良く使われていると思う。僕は数年前からどうもこの言葉に
違和感を感じていてあまり使うのを控えていた。で、励ましたい人には「かんばれ」という
代わりに「ボンバイエ!」と言って励ましていた。なんか音の感じが似ているし、熱く応援
しているニュアンスが伝わるし。でも、格闘技フリーク間では常識だけど「ボンバイエ」っ
て元々は猪木と異種格闘技戦したモハメッド・アリのテーマ「アリ・ボマイエ」から
来ていて、「ボマイエ」とは「相手を倒せ。」とか「殺せ。」とかいう意味でちょっと過激。
どういう場合に「がんばれ」と言うのが良いのかぁなんて思ってたら、村上龍が良いこと
言っていた。

「今ある状態を続けるのが最大唯一の目標である人」に対してだけ、「がんばれ!」は
有効だろう。けれども、不安感があったり、先が見えない人に対して、「がんばれ!」
と言うことは、励ましにならないばかりか、罪である。

妙に納得した。実際には"現状維持で守りに入っている人"にはあまり「がんばれ」とは
言わずに、後者の"不安で先の見えない人"に対して「がんばれ」というケースが多いんじゃ
ないだろうか?とりあえず仕事がんばれよ>自分。