ミリオンダラー・ベイビー

昨日は「ミリオンダラー・ベイビー」を観た。面白かったが、なんとも切なく心痛む映画
だった。この映画の登場人物は、皆それぞれの人生においてかけがえの無いものを
どうしても得られないでいる。それも最初から得られないのではなく、元々は得ていたの
に無くしてしまったり、あと少しのところで得られなかったり。そして皆それを受け入れ
引きづりつつもしっかりと自己を保って生きている。思えば僕のこれまでの人生は、欲し
い物をある時はたやすくまたある時はちょっとだけ努力して常に得てきた人生だったよう
に思う。どうしても欲しいものやかけがけの無いものを得られなかったり無くしたりした
ことは一切無い。この映画の登場人物のような境遇になった時、自分はどうなるんだろう
と思うとちょっと怖くなった。結局「ミリオンダラー・ベイビー」の意味が分からなかった
なぁ。また女性ボクシングってアメリカだとあんなにメジャーなスポーツなのかなぁ。