スター・ウォーズ エピソードIII/シスの復讐

スター・ウォーズ エピソードIII/シスの復讐」を観た。シリーズ中最高傑作との
評判だったが、これだけ長い期間でのシリーズだとそれぞれのエピソードを観た時の
年齢や環境が全然違うわけで、一概にこれが最高傑作とは思えないよなぁ。
全エピソード劇場で観たけど、個人的には第1作目のEpisodeⅣはまだ小学生だった
ためストーリーはあまり理解できずただ映像とキャラに圧倒されただけで
中学生の時に観たEpisodeⅣ「帝国の逆襲」あたりが一番衝撃的というか印象深い。
ただ今回の最終作はかなりエンターテイメントに徹して娯楽性が最も高いように感じた。
キャラも一番カッコ良く描かれていたように思う。特にこれまで言葉も話せず地味に
活躍していたR2D2がかなりカッコ良く描かれていてルーカスの親心を感じた。
その代わりC3POがイマイチ影薄くてカワイソウだった。こういう過去に遡っての
ストーリーってツジツマ合わせるため最後は「そんなのあり得ないだろう?」って感じで
終わるケースが多いと思うが、さすがルーカスはオトナ!全て論理性持たせて第1作に
繋げる終わり方で気持ちが良かった。しかし、EpisodeⅢとEpisodeⅣの間にもう
1作位作れそうな気がするなぁ。ヒール好きの僕としては、それこそダース・ベイダー
フォースのダーク・サイドにどっぷりハマって悪の限りを尽くし、勢力拡大する様を
気持ち良く描いたEpisode3.5なんてできて欲しいなぁ。