マーケットの判断

昨日、今日の株価は大きく上げた。今日、日経平均は約1年半ぶりの1万2千円台に
なったし、TOPIXに至っては4年ぶりの高値。先週末の郵政法案否決で衆院解散の
可能性が高まっていた時点では、株、為替、国債のトリプル安で、これからいよいよ
「日本売り始まるか?」と言われたのに、いざ解散決まると株はメチャメチャ好調
為替も安定している。確かに昨日、日銀総裁と竹中経済相の"景気の踊り場脱却"発言が
あったけど、この上げはそんなもんが要因じゃないと思う。マーケットは何をどう判断
してこんなに上げたんだろう?今度の衆院選では世論調査の結果見ると、どうも有権者
は小泉さんを支持してそう。小泉自民が大勝 → 改革路線大いに進む → 市場や民間で
のお金の流れが良くなる、とマーケットは見ているんじゃないだろうか?
なんてポジティブに考えて、急な選挙で想定外に忙しくなったストレスをヘッジして
みるテスト。