オマーラ・ポルトゥンド in ブルーノート・東京

昨晩は"伝説のキューバの歌姫"オマーラ・ポルトゥンドのライブを観にブルーノート
東京に行ってきた。キューバで散々ソンやサルサを聞きまくっていたので、ひょっと
したら感動が薄いかもと思っていたけど、そんな心配を吹っ飛ばす位素晴らしい
パフォーマンスだった!軽〜く自然に歌っているのだけど、とても哀愁があって
情熱的でそれでいてパワフルで。特に先日亡くなったイブライム・フェレール
捧げると言ってアカペラで歌ったイブライムの名曲"Dos Gardenias"は涙が出そうな
くらい感動的だった。まだまだ元気で歌声を聞かせて欲しいなぁ。
ブルーノートで小・中学時代の同級生"ミッキー(中学時代からのあだ名)"と奥さんに
偶然出会った。彼もキューバ音楽にハマって2年連続でキューバに行ったほど。
僕も今回キューバ旅行する際、事前にいろいろメールで情報もらった。
奥さんはずっとサルサ・ダンスを習っているらしい。
「今度一緒にキューバ談義しましょう」とのこと。ぜひ僕のエロ・キモいんちきサルサを
直して下さい。