キューバ旅行サマリー 1日目

今回のキューバ旅行のサマリーです。というよりかなり克明に記録したのでログと
言った方がいいかも。ハバナでは生活を完全に夜型にシフトすることにした。
観光スポットはあまり無いけど、ライブハウスはたくさんあって、夕方から明け方まで
それはそれはスゴ腕のキューバンミュージシャン達が演奏しているので、夜型にした方
がこの街は楽しめると思ったから。この旅メモも、毎日夜遊びから帰った明け方に
ハバナクラブをグビグビ飲みながらシコシコ書いていた。今回の旅は今まで行った
国内・国外の旅の中でいろんな意味でスペシャルな旅だったように思う。
最も酒を飲み、最も眠らず、最も食べず(←スゴク稀)、最も人と知り合った旅だった。
共産圏なので個人が自由にお金を稼いで好きに使うことには規制と制限がある。
そんな中でキューバの人達は何をモチベーションに生きているのかなぁと思っていたの
だけど、それは"喝采や賞賛を浴びること"つまり"目立つこと"のように思った。
だから音楽とかスポーツとかが発展するし、街中やライブハウスでも人前でガンガン
踊ったりしてパフォームしている。情報もモノも少ないのに生きることにスゴク前向き。
我々日本人が情報もモノも豊かなのに、なぜか生きることに後ろ向きになりがちで
いつもなんか急かされているのと対照的。


省略するのも面倒なので、現地で書いたそのままをアップします。
それも不定期に日毎に分割して。日によってはスッゴク長いのでキューバに
ムチャクチャ興味のある人か、ヒマでヒマで死にそうな人向けです。


10/7 fri
・15:50発ヒューストン行きのコンチネンタル航空に乗るため成田へ向かう。
 恒例になりつつあるが成田空港のレストランは皆美味しくないため、またキューバは
 料理は激マズとの情報を得ているため、寿司を食べに築地に寄った。
 お気に入りの「鮨文」に行ったら時間が遅いため(と言っても11時位だけど)行列して
 いた。仕方なく近くの磯寿司に行ったが、イマイチだった。ネタはいいんだけど
 イマイチ仕事が鮨文に比べるとねえ・・・ちょっとテンション下がる。
・キューバはアメリカからは乗り入れできないため、メキシコ経由になる。
 ヒューストンから更にカンクンに飛び、そこでメキシカーナ航空でハバナに向う。
・機中、隣に座った元住吉で不動産業を営むおじさんと仲良くなった。なんでも離婚を
 機に世界一人旅をしているらしい。まず中南米を制覇するとのことで、今回もコロンビ
 アから陸路でエクアドルを経由しペルーまで行くとのこと、もちろん全部行き当りばっ
 たりで。逞しい!
・現地時間23時、東京から約20時間の移動でハバナに到着。疲れた・・・。
・入国審査が手際が悪く、ムチャクチャ時間がかかる。長旅で疲れていたこともあり
 かなりムカつく(怒)。
・現地時間25:00にハバナ・ベダードホテルに到着。シャワーでお湯が出ないので部屋を
 替えてもらう。ラテンの国しかも共産圏なので、すっごい時間かかるだろうなぁと
 思っていたらスグに手配してくれた。
・疲れていたのでシャワーを浴びてすぐに就寝。


磯寿司の穴子、赤身、鯛、中トロ(全然キューバと関係無し)
f:id:sukemaro:20051007113643j:image