キューバ旅行サマリー 4日目

2005-10-20のblogの続き。
この日は月曜でライブ関係は一流ドコは出ないため、観光中心に過ごした。
昨日ハバナの映像を見たが、ハリケーンの"ウィルマ"で大変なことになっているらしい。
ハバナの家ってほとんど窓にはガラスが入っていないし、扉も無い家も多かった
のだけど、今どうなっているんだろう?街をウロウロしてたノラ猫達もちゃんと避難
しているだろうか?


10/10 mon
・11:00頃起床、ハバナの夜型生活に慣れてきた。
・ホテル近所のカフェでブランチ。ポークソテーと魚のグリルを食べたが
 どっちも塩辛くて美味しくない。カフェ内で生演奏していた"Aguas del Guaso"
 というグループはソンのトラディッショナルな音楽でとても良かった。
 こういうちょっとした店で演奏している人達がスゴク上手い。この時のメンバー
 の1人が「日本人か?日本に友達がいる」と言って写真を見せてくれた。
 六本木に「ボデギータ」というキューバン・レストラン&バーがあるのだが
 そこのチラシだった。そこで演奏しているのは友達らしい、今度行ってみよう。

f:id:sukemaro:20051011015045j:image

・両替所に寄って、ライブ情報を入手しに「casa de la musica」に
 タクシーで移動。現地に来ると、その場所に行かないと情報を入手できないのが
 ツライ。
・「casa de la musica」のライブ情報をチェックして、徒歩で中華街に行く。
・ハバナの中華街は小さい、ほんの100m位の通りだけ。店員も中国人ではなく
 ほとんどがキューバ人。料理もマズイらしいので見るだけでパスする。
・中華街から旧市街まで歩く。旧国会議事堂やガルシア・ロルカ劇場、
 ホセ・マルティ像などを見てまわる。しかし暑い・・途中でアイスクリームを食べる。
 ほどよい甘さで美味しい。キューバ人はアイスクリームが好きらしく
 良く食べている。
・ヘミングウェイが良く来ていたというバーの「ラ・フロリディータ」に行く。
 ここでフローズン・ダイキリを飲んでいたらしい。店内は観光客ばっかりだが
 ここは意外にちゃんと真っ当ないいバーだった。フローズン・ダイキリも美味し
 かったし、店内の雰囲気もバーテンダーもイイ感じ。カウンターで近くに座った
 日本人が話しかけてきた。カメラマンで仕事でチェ・ゲバラ所縁のものと
 キューバの風景を撮影しに来たとのこと。ゲバラの命日にゲバラの墓がある
 サンタ・クララに行って撮影してきたとのことで、ゲバラの命日は10/8だったことを
 告げられる。10/9だと思っていた・・・ゲバラ日記には10/9に処刑されたって書いて
 あったし、地球の歩き方にも10/9はゲバラの命日で祝日って書いてあったけど
 間違いか?

★ヘミングウェイと僕はなんとなく同系統の顔じゃない?
f:id:sukemaro:20051011041433j:image

・さらに徒歩でヘミングウェイが通ったバーの「ラ・ボデギータ・デル・メディオ」
 に移動。ヘミングウェイの言葉で
 「My Daikiri in La Floridita. My Mojito in La Bodeguita.」
 というのがあるのだが、そのモヒートの方。ダイキリはこの前に行った
 「ラ・フロリディータ」。モヒートが美味しい。店内はキューバ人が歌って
 盛り上がっている。バーテンダーの手さばきがスゴイ。ここのマグカップが
 カッコ良かったので購入。

★La BodeguitaはイイBar、毎日来たい
f:id:sukemaro:20051011045029j:image

・旧市街をフラフラする。支倉常長の銅像なぞを見る。しかし支倉常長、約400年も
 前によくこんな遠いところまで来たなぁ。エライぞ!

★BUENA VISTA SOCIAL CLUBのジャケを真似て歩く
f:id:sukemaro:20051011055015j:image

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ

・タクシーでホテルに戻る。近くのレコードショップでブエナ・ビスタ〜の
 メンバー中心のソンのベスト版みたいなヤツやエリアデス・オチョアなんか
 を購入。ホテルに戻り今日はプールに入らずシャワーに入ってビールを飲んで
 ノンビリする。
・夕食を食べにホテル内のレストランに行くがメニューがイマイチだったので
 外に出ると、キューバ人のカップルが「食事に行くのか?近くにいいレストランが
 あるから付いて来い」と言う。付いていくと、入口には看板も何も無く、しかも
 扉には鍵がかかっている。ベルを鳴らすと扉が開いた。かなり不安だったが
 店内はとても綺麗な内装で、ちょっと安心。メニューは全てスペイン語でよく
 分からないので、お奨めを頼むと、豚肉の蒸し物とサラダとコングリという
 黒豆と米を蒸したキューバ料理が出てきた。食べるとこれが美味い!といっても
 豚肉は日本のラーメン屋のチャーシューレベルだけど。キューバで食べた食事の
 中では一番美味しいかも。コングリは初めて食べたが、程よい塩加減と豆の甘みで
 美味しい。キューバ版赤飯という感じ。食後に葉巻のコイーバが付いてきた。
 初めての葉巻体験。ちょっと期待値高めだったが、そんなにいい香りという訳
 でもないし、あまり良さが分からなかった。ラムと合わせるとイイかもしれないが
 口の中が煙っぽくて何か気持ち悪い。やっぱりアンチスモーカーには合わないみたい。

★キューバ料理を前にして
f:id:sukemaro:20051011094646j:image

・食事が終わると案内してくれたカップルが戻ってきた。家に帰るタクシー代として
 5ペソづつくれないかと言う。やっぱりキタと思いつつ、いい店を教えてくれたし
 ちょうど9ペソ持っていたので、僕達の夜遊びタクシー代も含めて3等分して
 3ペソづつあげた。
・「casa de la musica」にタクシーで向うと、もう人がでて来ている。
 どうも、もう終わったらしい(涙)。23時ちょい過ぎ位だったのに・・・なんで今日は
 こんなに早いんだ?まだイマイチキューバのシステムが理解できない。
 キューバ人が近くにいいライブハウスがあると言って誘ってくれたが、なんとなく
 怪しかったので、ライブ情報を押さえていて昨晩行った「La Zorra y el Cuervo」
 に行く。
・"Gilberto Valdes"というスタンダードジャズのグループだった。
 最初かなり地味な感じだったが、段々ホーンセクションが増えていって
 スゴク盛り上がった。サックスがメチャメチャ上手い。店内に珍しく日本人の
 グループがいた。声をかけて来てくれたのだが、なんでもハバナの美術大学に
 留学しているグループとのこと。"Gilberto Valdes"のメンバーの中に大学の友人
 がいるらしい。ハバナのサルサやルンバをやっているお奨めのクラブの情報を
 教えてくれた。ライブが終わったのはまたまた2時過ぎ。
・ホテルに徒歩で帰って、またまたラムを飲んで5時頃就寝。