絶望の中で生まれ、悲観の中で育つ

今日も日経平均は大きく上げた。これで何連騰なんだろう?7・8連騰?
もうイチイチ構わなくてもいいくらい。投資を本格的に始めた4年前のどん底時には
まったく想像できなかった状況。本格的な復活はまだまだだと思うけど、この復活の
芽はあのどん底時の絶望&悲観論が渦巻いていた時に着実に育っていたのだと思う。
大好きな伊藤洋一さんのblogに書かれていたウォール街のことわざを引用。

強気相場は、絶望の中で生まれ、悲観の中で育ち、楽観の中で成熟し、
陶酔の中で消えていく。

今週末は早明戦。我が愛する明大ラグビー部もどん底で、絶望&悲観が渦巻いてる
感じだけど、実は見えないところで着実に復活の芽が生まれて育っていることと
信じている!少しはその兆しを見せて欲しいぞ!というよりぶっちゃけ勝ってくれ!
今思えば、90年代の明大ラグビー黄金期も陶酔の中であっという間に
消えて行ったなぁ・・・。