客観的にキモい

このblogにも度々コメントしてくれる”なるなるさん”(以前僕が担当した
プロジェクトに、高名な某政治学者の強い推薦により若くして参画した
スーパー才女。某有名私大4年生で来年は大学院に進学される、才色兼備!)は
かなり気合いの入ったネコ好きで、最近旅行されたトルコの街中で見かけた
ネコ達の画像を、ミクシィブログにUPしてくれている。
僕も覚えがあるのだが、外国の野良ネコってなぜかとてもカワイイ。日本の野良
ネコは人を見ると逃げていくことが多いが、外国の野良ネコ達は人懐っこくて
そばに寄ってくる。きっと周りの人たちに優しくされているからなんだろうなぁ。
トルコのネコがあまりにカワイイので、なるなるさんのブログに最近ちょっと
マイブーム(死語?)な”しょこたん語”で
「トルコのネコタス、ギザカワユス」
なんてコメントをしていた。が・・・後々冷静にかつ客観的によーく考えてみると・・・。
いい年したオヤジが・・・若い女の子のブログに・・・・しょこたん語でコメント・・・・・
という状況が、かなーりキモいということに気づいた!!!
忘年会ラッシュで思考停止気味とはいえ、暴走し過ぎ。これは相当ヤバイ。
定期的に自分の行動を振り返って、冷静にかつ客観的に見つめ直すって大事。
リアルはもちろんネット上の行動の場合は特に。下手するとただでさえ狭い
交友範囲が余計狭くなってしまう。
反省と自戒と懺悔の意味をこめて、ここに謝罪します。
「テラゴメンナサス、もうしないお」(← マジやめろ)