GARYU LIVE in 六本木morph

津軽三味線奏者でご近所さんのヤマカゲさん率いる「GARYU」のライブを観に
六本木morphに行ってきた。GARYUは津軽三味線と和太鼓とピアノにエレキベース
エレキギターとDJで編成されている。とても革新的かつ実験的なバンドだった。
和な感じを残しつつ曲によっては、ロックしてたり、JAZZYであったり、ラテンっぽく
もあった。全てにすごくグルーヴしてたが一方で、とても複雑で頭を使う音楽だった
ような気がする。GARYUはメインアクトで一番最後にやったのだが、GARYUの演奏が
始まる頃には、新年ということでフロアで振舞われていた樽酒をグビグビ飲んで
すっかり酔っ払ってしまっていたので、そう思ったのかもしれないけど。
スポットライト浴びて津軽三味線を弾くヤマカゲさんはとてもカッコ良くなんか
哲学的な佇まいがあった。アンプラグドな楽器って、特に三味線とか民族系楽器は
電気系なものに比べて、そういう知的で奥深い感じがするよね。
6月にはN.Yで海外ライブをするそう、また近くでライブがあれば行きたい。


「GARYU」blog
http://blog.livedoor.jp/garyu_sj/