地鶏 仲みち in 西麻布

昨晩は某有志達と西麻布の「地鶏 仲みち」に行った。
博多に本店のある薩摩地鶏の店、本店は弟子に任せて
大将が仕切っている。あさずりという(その日の朝にさばいた
鶏のことらしい)鶏のいろんな部位の刺身やもも肉の炭火焼、
地鶏鍋など食べたが、いずれも大変美味しゅうございました。
やはり寒い時は鍋はイイよねぇ。鶏の出汁が出た雑炊も美味しかった。
「まず東京では手に入らないっすよ」と言われた(こういうフレーズに
ムチャクチャ弱い)地焼酎なんかグビグビ飲んでたら意外に高くついた。
薩摩地鶏はかなりしっかりとした歯応えがあるのだが、ジューシーで滋味深い。
こういうの食べるとフライドチキンなんかのブロイラーが、人工的に大量生産
されているモノというのを実感する。まぁ、あれはあれでジャンクな感じで
好きなんだけど。東京はここ数年で、牛肉以外の肉の選択肢って格段に
広がったように思う。豚は東京Xとかイベリコ豚とかアグー豚とか、鶏も以前は
名古屋コーチンの店があるくらいだったけど、比内地鶏とか阿波尾鶏とか薩摩地鶏
とかの店が増えたし、羊のジンギスカンなんかはブームにすらなっている。
これらは狂牛病による牛肉の流通量減少が関係しているのだろうか?
だとしたら、これはいい方に転んだような気がするけど。
次に来るのは野菜かなぁ、京野菜とかね。