出会わない年

知り合いのblogや日頃チェックしているblogを読んでいると、昨年を振り返って
とか、今年の抱負とかに「出会い」をあげている人がとても多い。
「出会いの年だった」とか「今年は出会いをより多くしたい」とか。
なのでちょっとひねくれて逆スタンスで、いっそ今年は「出会わない年」にして
みようかなぁと思っている。これまでの交友関係は維持するけど、積極的に新たな
出会いは作らないし求めないというスタンスで。その分のエネルギーとコストは
これまでの交友範囲の維持・関係増強により多く使う。例えば何年も音信不通に
なっている友人と会うとか、年に数回位しか会わない友人との頻度を増やすとか。
交友範囲って、ひきこもりとかになら無い限りは、多少の新陳代謝はあるものの
基本的には年齢と共に拡大し続けて、ある年齢から老齢による死亡などで急激に
狭くなっていくと思う。この拡大を一度停めてみるという試み。
なんとなくデメリットの方が多そうだけど、意外なメリットがあるかもしれないし。
無意味だろうか?