イブローニュ in 池尻

昨晩は急遽「田園都市線沿線の会」ということで池尻の「イブローニュ」に行った。
東京コンシェルジュで2005年オープンのベスト・レストランにも選ばれた店らしい。
店名はフランス語で”酔っ払い”の意味とのこと。店名どおりのコンセプトの
店で、酒と料理をガンガンいけて、気楽に酔っ払えるイイ店だった。
ワインは品種毎バランス良く揃えていて、2000・3000円台が中心だし
食後酒も自家製の果実使ったものや薬草系のリキュールが種類豊富にあるし
珍しい銘柄のラムやテキーラもあった。料理はフレンチ家庭料理が中心で
シンプルながら本能くすぐられるモノが多い。テリーヌとか自家製ロースハムとか
バスク風赤ピーマンとトマトの煮込みとかムール貝の白ワイン蒸しなど食べたが
いずれも美味しかった。ボリュームもあって、前菜と魚料理をいくつも頼んでたら
お腹が一杯になってしまい、メインの肉料理まで到達できなかった・・・トリッパとか
子羊のグリルとか鴨のコンフィとかかなり美味しそうだったんだけどなぁ。
シェフ(若い!)も途中から飲みだして、気さくに話しかけてくれる。
「ちょっとつまんで一杯飲むだけでもいいですから、気楽に寄って下さい。
 電話もらえれば何時まででも開けてますから」とのこと。
かなり気に入ったので、ちょくちょく行きたい。
沿線で帰りが楽だし、まだ食べてないメニューたくさんあるし。


ブラッスリー・イブローニュ 」
http://ivrogne.jp/