為替証拠金取引

最近投資関係のレポートを読んでいると、日本株についてはどんなエコノミストや
経済アナリストやファンドマネージャも皆強気で意見が一致しているけど
(一部の著作を売るためなどの目的で、ただ目立とうとしているだけの人達の
意見は無視する)、為替については様々に意見が割れている。
それぞれに理屈があって納得がいくので、年末年始頃は暫く円安トレンドだろうなぁ
と思っていたが、ちょっと前にはやっぱり現状維持か円高か?なんて迷っていた。
そろそろスタンスを決めてポジションとろうと思い
藤巻健史さんや伊藤洋一さんの意見を支持して
”暫くは円安トレンド、それもかなり進む可能性あり” と判断した。
数日前に円高の谷があったので、米ドルとユーロと英ポンドをロング・ポジションで
以前よりやってみたいと思っていた「為替証拠金取引」でトレードしてみた。
普通の外貨買いより手数料が少ないし、スワップ金利も受け取れるし
レバレッジ取引のリスクさえ気をつければ、いいんじゃないかということで。
しかーし、その後、福井日銀総裁の「量的緩和策解除の時期が近い」との発言もあり
それが全ての要因じゃないだろうけど、円高がジワジワ進んでいる(涙)。
すぐに金利を上げるとは言っていないのになぁ。でもこのポジションとスタンスは
崩さず、このまま円高が進んだら、さらに外貨ロングする予定。
何よりスワップ金利がオイシイ、多少の為替リスクはそれで吸収されるし。