ABSOLT ICE BAR TOKYO in 西麻布

このblogにも度々登場するぁゃιぃドリンクフリークの"アイアン・キッド"I君が
プロジェクトを離脱することになった。その送別会ということで、西麻布にできた
「ABSOLT ICE BAR TOKYO」に行った。でもこれ、実は同じプロジェクトのメンバーで
六本木界隈のBARを制覇すべく、ローラー作戦で飲み歩いているホーク・タッキー氏の
「ICE BAR」に行きたいがための持ち込み企画なんだけど。
この店は、スウェーデン北極圏のトルネ川から空輸したらしい氷で作られたBAR。
室温もマイナス5℃にキープされていて、テーブル、イス、グラスも全て氷。
入店の際にかなり分厚い防寒用ケープと手袋を貸してくれる。
初めは、ライティングされた氷のアートを撮ったり、氷のソファーで座りながら
押し合って滑ったりして、テンション高めで遊んでいたが、30分もしない内に飽きた。
カバーしていない耳や足先はジワジワと冷えて来るし、なんと言っても出される酒が
ABSOLTウォッカベースの小洒落たカクテルしかないので、酔いが寒さに負けてしまう。
こういうコンセプトの店なら、ウォッカをドーンとボトル売りして、氷のグラスで
ガンガン飲ませて欲しいなぁ。でも意外に店内は混んでいて、客がひっきりなしに
入れ替わっていた。こういうイベントモノの店が現れて、大したこと無いのに流行って
いるというのはバブル期に良く見られた。本格的な好景気のサインのひとつかも。
その後久々に「nobu-西麻布」に行き、ウォッカを飲み直しながらダーツで遊んだ。
I君、新天地でもそのユニークでエッジな興味の方向性とただならぬパワーを
キープして、活躍して下さい!


f:id:sukemaro:20060228211400j:image


「ABSOLT ICE BAR TOKYO」
http://www.icebartokyo.com/