ラスト・ボード in 長野

先週末は友人家族と共に今シーズンラストボードをしに長野に行ってきた。
この友人家族とはここ数年毎シーズン一緒にボードに行っているが、毎回天候に
恵まれる晴天率100%のド晴れ家族、今回もジンクス通りのピーカンだった。
1日目は「戸隠高原スキー場」に、このゲレンデは穴場でオススメ。
広さも高低差もあって景色が良いし、適度な斜度のロングコースがたくさんある。
そして何よりここは”食”がイイ。戸隠は元々蕎麦の名産地だけど、冬季は閉めている
地元の蕎麦屋が出店していて、その場で打った蕎麦が食べられる。
注文すると「今打ってますから」と言われ、その横に黙々と蕎麦を打つ職人が。
出てきた蕎麦はとても香り高く美味しい、ゲレ食としては異例のハイ・クオリティ。
そんな恵まれた環境の中で、気持ち良くガンガン滑った。今シーズン過去行った
苗場、軽井沢の2回の滑走距離、滑走時間の合計よりも数倍は滑ったかも。
夜は温泉にタップリと浸かり、「渓流どむろく」という濁り地酒をグビグビ
飲みつつ、旧友と語り明かした。ちょっと飲み過ぎ。
2日目は白馬の「栂池高原スキー場」に。この日、白馬は結構な雪でメチャ寒。
前日の滑り疲れ&飲み疲れもあり、テンション低かったので適度に流した。
しかし、友人のキッズ達は寒さをものともせず、果敢にゴンドラで頂上を目指して
滑りたがる。しかも1日目より格段に上手く滑っている。2年前は、まさしく
僕が手をとって教えていたのに、今シーズンは僕のペースに完全に付いて来る。
彼らのスキルが僕のスキルを追い抜くブレーク・イーブン・ポイントは再来年かなぁ?
いや来シーズンには危ないかも・・・置いてきぼりにならないようにしないと・・・
さらにワンメイクとか始めたらどうしよう・・・反対に教えを請わないと・・・。
これで、今シーズンのボーダーライフは糸冬 了、また僕の中での”05-06冬”も糸冬 了。
さぁ次は花見だ。桜よカモォォーン!