直伝 藤巻流「私の個人資産」運用法

敬愛する藤巻健史さんの『直伝 藤巻流「私の個人資産」運用法』を読んだ。
2006-01-24のblogでも書いたとおり、藤巻さんは近いうちにかなりの資産インフレが
来ると予想している。実際、藤巻さんご自身も現在の低い金利で億単位の借金をして
不動産と株にガンガン投資しまくっているらしい。藤巻さんは元JPモルガンの
東京支店長で90年代に債権マーケットで大勝して、JPモルガンに莫大な利益を
もたらし”伝説のトレーダー”と言われた人。ご本人も公言しているが、ほとんどの
期間は損をしているけど、勝ち始めると莫大なリターンを得られる、損することには
慣れたリスク大好き人間。かたや、僕はケチな小心者ゆえ、損することが大嫌いな
リスクヘッジ主義者なので、イマイチ共感できない部分があったが、日本と欧米の
金利差の影響とかBRICsのトレンドとか、最新のマクロな経済状況とそれに
対する投資スタンスを明快な論理で解説してくれているので、とても勉強になった。
藤巻さんの予測は大まかに言うと、「この日本の債務超過を解消するには円の価値を
下げる、つまりインフレしかないので、政府はインフレ誘導せざるを得ない。
量的金融緩和は解除されたものの日本と欧米の金利差は依然大きく、また量的金融緩和
の影響で金が市場に溢れていて、その行き先を探しているので、大幅に円安になり
不動産と株が急騰する」というもの。でも、一部の経済学者には日本の債務超過
実は大したこと無いという意見もあるし、金利もジワジワ上がってきてるし
ちょっと全面支持はできない感じ。僕としてはリスクヘッジしつつインフレ対応の
ポートフォリオに状況見ながら段階的にシフトするという投資戦略で行こうと思う。


直伝 藤巻流「私の個人資産」運用法

直伝 藤巻流「私の個人資産」運用法