萬盛園 in 新宿御苑

昼に青山墓地で桜を眺めてゆるりとしていたら、西麻布の米軍へリポートに着陸する
黒いバカでかい米軍ヘリ3機が爆音と共に頭上を通り過ぎていった。一瞬「ここは
ベトナムのジャングルか?」と思ったぞ。桜の時期の日本の風流をぶち壊すな!
話は変わり、「内臓を食うぞうの会」オリジナルメンバーで公私に渡りお世話になった
M嬢(って書くとなんか隠微な感じ)が社を離れることになった。
送別会を行うにあたり、中華をご所望されたので以下の選択肢を提示した。
op1.六本木の穴場薬膳系中華
op2.広尾の小洒落たヌーベルシノワ系中華
op3.有楽町の池波正太郎が愛した老舗系中華
op4.新宿御苑の在日中国人に絶大な支持を得る本場系中華
参加メンバーも含め希望を募ったたところ意見が割れたので、僕の一方的な意向で
「op4.新宿御苑の本場系中華」の「萬盛園」へ。これは日頃チェックしている
このサイトで取上げられていた店で、新宿御苑の桜も咲いている頃だし
今が旬だろうということで。大根とくらげのサラダ、水餃子、ピータン豆腐、豚バラと
チンゲン菜の炒め、ホタテと蟹肉と青菜の煮物などなどを食べたがいずれも美味しい。
甕出しの老酒も他の店に比べるとメチャ安。しかも店内結構混んでいるにも
関わらず、注文してから数分で出てくる。卓越したサプライ・チェーン。
新宿御苑が既に閉まっていて、門の外からでは桜が見れなかったのが残念。