鮨処 しみづ in 新橋

「あら輝」「さわ田」と並び”寿司新御三家”と称される「しみづ」へ行った。
旧御三家はどこなんだろう?「次郎」「久兵衛」「寿司幸」あたりか?
「しみづ」はとっても良い店だった!ここで多くを語ると、僕の寿司リテラシーの
低さを露呈するので避けるが、しみづの寿司はひとつひとつにきちんと仕事がして
ある由緒正しい江戸前、全て出されたままでいただける。
小ぶりな寿司が流行っているけど、それらに比べると大ぶりで、シャリに酢がしっかり
効いていて僕の好み。特にマグロづけと煮蛤と今が旬のサヨリがとっても美味しかった。
ここの寿司はなにより香りがとてもいいような気がする。ご主人も細かく気遣いして
くれて、かつ気さくで良く冗談言ったりしてイイ感じ。大満足。
帰りに日比谷公園の桜を眺めながら帰ったが、多分この週末で今年の桜も見納めだろう。
こころなしか、今年の桜は特に綺麗に見えたような気がする。
気温の低い日が多くて長く楽しめたからかなぁ?それとも精神的ストレスが無いからか?
いずれにせよ美味しい寿司を食べた後で、その余韻に浸りつつ散りゆく桜を眺めると
陳腐な言い方だけど「日本に生まれて本当に良かった」って感じ。


★寿司リテラシー向上のため以下2冊を購入。

女ひとり寿司

女ひとり寿司

自遊人 2006年 05月号 [雑誌]

自遊人 2006年 05月号 [雑誌]