KAN in 池尻大橋

昨日は”田園都市線沿線を開拓する会”で池尻大橋の和食「KAN」に行った。
実は池尻・三宿界隈は意外に良い和食屋が多い。目黒川に沿って中目黒方面に行くと
東山橋を過ぎた辺りに(この道は夜は明かりが少なくてとても暗いのだけど)店内から
漏れる灯りでそこだけ明るくなっている一角がある。看板などは一切出て無いので
事前に教えてもらわないと、まず迷う。店内はカウンターが2つあり、あくまでも
カウンターメインの形態で、独り客かカップル向け。僕達は5人で行ったので
カウンターの端が突き出た、対面で座れる部分に通された。どうもこの席が外の
目黒川沿いの桜や緑が見える特等席みたい。馬刺しが入った刺し盛り、旬の竹の子と
湯葉の炊き合せ、ツクネ、旬の野菜のサラダなどなどを青森の地酒などを飲みつつ
食べたがいずれも美味しかった。シメは名物のタマゴごはんで、かなりお腹いっぱい。
その後、2006-01-20のblogに書いた「イブローニュ」に移動し、自家製ハムやオリーブを
ツマミにワインをグビグビ、他メンバーはマンダリンやクルミのカルヴァドスベースの
食後酒なんかを飲んでいた。店内はギッシリ満員、やっぱり人気あるんだなぁ。
この沿線で飲むと帰りが楽なこともあり、つい気を許して飲み過ぎる。ま、いっか。