表参道ヒルズ&ロバート・ジョンソン

昨日は友人バンドのライブを表参道の「ラパン・エ・アロ」に観に行った帰りに
表参道ヒルズに寄った。”ビバリーヒルズ・スタイル・ショッピング”(自分の
欲しいものを男に買わせて、かつ荷物も持たせるという「プリティ・ウーマン」で
ジュリア・ロバーツリチャード・ギアにやらせてたアレ)と思われる
カップルがかなりいた。結構なことですな。
その後、ブラブラ渋谷まで歩いてタワーレコードに行ったらロバート・ジョンソン
「King of the Delta Blues」がなんと630円で売っていたので購入。
「1929年夏の暑い日、ロビンソンヴィルの東15マイルにあるクライン・プランテー
ションの十字路で、悪魔に出会い魂を売り渡して、それと引き換えに驚異的な
テクニックとブルースという音楽を手に入れた」と言われる男(ちなみに悪魔との
契約どおり(?)、富と名声を得た後27歳で毒殺される)。
帰宅後、芋焼酎飲みながら聴いたけど、音源が古いのになんとも惹きつけられる
サウンド、ずっと聴いていても飽きない。
僕は右頬に小さいキスマークのような赤いアザがあるのだが、これは高1の時に
ある日突然できたもの。当時ブラック・サバスとかオジーの熱狂的信者だった
友達から「悪魔のキスマークだ!お前は悪魔に魂を売リ渡した!」と言われたけど
悪魔って男だよね? でも「悪いことしましョ!」に出てくる悪魔は、むちゃくちゃ
セクシーなエリザベス・ハーレー演じる悪魔だったなぁ。
いずれにせよ、富と名声は得てないし、早死にもしてないから違ったと思われる。


King of Delta Blues

King of Delta Blues


G:detail