タニマチ投資

日頃チェックしているマネックス・ユニバーシティ代表取締役の内藤さんのblog
「東京レストランファンド」なるものを知った。また、ITmediaNews
『アイドルファンドの運用成績』なる記事も最近目にした。
人が投資行動に走る目的は大きく2つあると思う。ひとつは「金持ち父さん」の
R・キヨサキ氏が言うところの「自分が働かず、お金に働いてもらう」ことによって
キャピタルゲインインカムゲインで利益を得て資産を増やすため。
もうひとつは、ある企業の製品やサービス、またある国の文化や風土が大好きで
その企業や国を応援または参加したいが、労働などで力を貸すことは出来ないから
投資という形で参加するため。ほとんどが前者だと思うが、こういったファンドが
増えてくると後者の目的で投資する人も増えてくるんじゃないだろうか?
僕はスポーツ系のファンドがあればイイなぁと思う。才能もあるし努力もしているのに
資金面で恵まれず埋もれている選手やチームに投資するファンド。
以前、母校のラグビー部が、合宿所やグランドやコーチ陣などインフラ面で圧倒的に
優る早稲田に負け始めた頃、資金面での問題なら”明大ラグビー部ファンド”でも
作って売り出せば、全国のOBやファンからあっとう言う間に資金集まるんじゃないか?
僕も喜んで投資するぞ!と思ったことがあったし(ちなみにその後インフラ面は
改善されたが相変わらず負け続けている・・・)。あと格闘家ファンド、ロシアとか
ブラジルには貧乏でロクにトレーニングする環境が無いのにメチャメチャ強いヤツが
ウヨウヨいそうだし。ただこういう場合、投資家に対しどういうリターン(報酬)を
するのかが難しいよなぁ。応援したい選手やチームは得てしてアマチュアに近いケース
が多いような気がするし。