He Got Game

スパイク・リー ウォッチャーを自負しているが、何作が見逃しがあるので
昨日はそのひとつ「He Got Game」(邦題:ラスト・ゲーム)を観た。
なんてことないストーリーだったけど、なんかとてもジーンと来た。
きっと息子を持つ父親ならもっとジーンと来るに違いない。親子愛に感動という
より、ただただデンゼル・ワシントン演じる親父の哀愁ある佇まいに泣けた。
デンゼル・ワシントンってスパイク・リーと組むといい仕事をするね。
サントラがスパイク・リー作品ではなじみ深いPublic Enemyなのだが
「Do the Right Thing」の”Fight The Power”とは違い、過激さもストリート性も
攻撃性も無いユルリとした感じで、お互い年を経たということを感じさせる。
まだ観ていないスパイク・リー作品を備忘のために列挙すると
「Get on the Bus」(1996)
「Summer of Sam」(1999)
「The Original Kings of Comedy」(2000)
結構あるなぁ・・・今年公開された「Inside Man」もかなり評判良かったので
観に行きたい。チェックしたら6/10より日本公開らしい。
これもデンゼル・ワシントン主演なので期待大。

ラストゲーム [DVD]

ラストゲーム [DVD]


ドゥ・ザ・ライト・シング [DVD]

ドゥ・ザ・ライト・シング [DVD]


サマー・オブ・サム [DVD]

サマー・オブ・サム [DVD]


He Got Game (1998 Film)

He Got Game (1998 Film)