六本木〜中目黒を歩く

天気も良くなってきたので、さらなるフィットネス向上のため、帰りは六本木から
中目黒まで歩くことにした。ヒルズを出て六本木通りを渋谷方面へ、西麻布を越え
南青山7丁目の交差点を左折し、駒沢通りを通って恵比寿を経由し代官山を越えて
中目黒までというルート。途中にある見知らぬ店などをチェックしながら
散歩速度で歩いて約50分。しかしこのルート、あまりにも誘惑が多すぎる・・・。
第一の関門はまず西麻布。実は以前にも同様のことを試したことがあったのだが
「ちょっとほろ酔い気分で歩いた方がイイだろう」と思い、あるBARに寄ったら
先客が面白い人達だったのでつい話にノッて長居してしまい、挫折して広尾から
帰ったことがあった・・・。今回はその反省もあり脇目も振らずに足早に通過。
第二の関門は日赤通り入り口。「ヘルムズデールでギネス飲んで日赤病院横の
坂を下って行こうよ」と悪魔が耳元で囁いたが、これも無視して歩く。
次に最大の難関、恵比寿。この頃になるといい加減疲れてくるし、なんと言っても
喉が渇きを訴えてくる。「バリ鳥」「立呑屋」「18番」なんていう立ち飲み屋が
並ぶ通りを歩いたが、どの店も月曜と言うこともあり「さぁいらっしゃい」と
言わんばかりに空いている。「1杯だけ飲んでもイイんじゃない」と再び悪魔が
甘く囁いたが、強い意志を持って振り切った(これは自分を大いに褒めたい)。
最後に中目の「藤八」の暖簾が妖しく誘っていたがこれも振り切り、中目黒駅到着。
歩いて気持ち良かったし、いろんな店の発見もあって面白かった。
フィットネス向上の効果はもちろん、煩悩を滅却する禅寺並みの精神修養にもなる。
いつまで誘惑に負けずに続けることができるか、自分でも楽しみ。


道中チェックした店
「epanoui」
http://epanoui.net/indexpc.htm
「GRAIL」
http://www.grailbar.com/