東京タワー

と言ってもリリー・フランキーのことではないし、ましてやリトル・フランキー
(この名前知ってる人かなり格闘コア)では決して無い。
このエントリーで書いた勉強会の一環で東京タワー(業界的には芝送信所と言う)に
行ってきた。弊社の番組コンテンツはアナログ放送・デジタル放送共に
本社にあるスーパーマスターから東京タワーに送信され、東京タワーから関東全域に
向けて送出される。東京タワーに登るのは小学校の時以来だろうか?
今回は特別展望台から更に上部にある、作業員や関係者のみ立ち入りが
許可されているエリアに入ることが出来た。下の画像の真ん中あたり。

f:id:sukemaro:20060711220515j:image:w250

「バカと煙は高いところが好き」と言われるが、僕は基本的に高所快感症で
どの都市に行っても高い所があると登ってみるのだが、いや〜ここはなかなか
スリリングだった。低い手すりにメッシュの足場、見下ろすと300m下の地面まで
何も無し、しかも微妙に揺れる。メキシコのチチェン・イツァのピラミッドの頂上
(ここは高さは大したことないが、手すりの類が何も無いのと、暑さで頭がクラクラして
落ちそうになるので異常に怖い)クラスの怖さ。ここにはペンなど落とす危険性のある
ものは一切持ち込みが禁止されている(って携帯で写真撮ってるヤツ誰だよ)。


六本木ヒルズの森タワーや本社がはるか眼下に見える。
f:id:sukemaro:20060710165410j:image:w350


足元の芝公園、NECのスーパータワーが遥かに低く見下ろせる。
レインボーブリッジやお台場方面も見渡せる。
f:id:sukemaro:20060710165127j:image:w350


愛宕ヒルズも遥か下に見下ろせる。
f:id:sukemaro:20060710164240j:image:w350


この先の出っ張った所まで行ったけど、さすがにそこでは両手が手すりから
離せなくて写真が撮れず、ヘタレでスマソ。
f:id:sukemaro:20060710164452j:image:w350


上を見上げるとこんな感じ、デジタル放送用アンテナ群が見える。
これらは墨田区に建設予定の新東京タワーに移行予定。
f:id:sukemaro:20060710164147j:image:w350


ちなみに今回立ち入ったエリアは「電磁防護指針」の基準値をとっくに超えた
超強力な電磁波にさらされているらしい。今のところ体に変調は無いし
特殊能力が備わったなどの兆候も無い。