レストラン七條 〜 靖国神社「遊就館」

北朝鮮が日本に向けてミサイル実験をした時、僕が最初に考えたことは
「地勢学的リスクから日本株と円下がるなぁ、でもきっと短期的だから買い時か?」
であった。これはあまりにも独りよがりで打算的ではないだろうか。
我ながら日本男子としてちょっと情け無くなった。よって、自分の中ですっかり
失われた大和魂を鼓舞するため、靖国神社を参拝しがてら「遊就館」に行ってみた。
尊敬している宋文洲さんのこのコラムを読んで一度行きたいと思っていたし。
せっかくあの界隈に行くならと、神保町まで足を伸ばして、山本益博氏が紹介したこと
によりブレイクした「レストラン七條」で至福のエビフライを。

f:id:sukemaro:20060715122730j:image:w300

こういう煩悩を出さずに、純粋な気持ちで参拝に集中することができないものか・・・。
でもここのエビフライは美味しかった、黒豚ロースのグリエも美味しそうだったなぁ。
靖国神社への道中、「皇居東御苑」を散策。ここは緑が多く周囲とは別世界、早くも
セミがうるさい程に鳴いているし、トンボも飛んでいる。
江戸城の天守閣跡から旧本丸を望むと先に丸の内のビル群が見える。

f:id:sukemaro:20060715131219j:image:w300

するとここで、行く手を阻むかのようないきなりの激しい雷雨。道草ばっかくってる
軟弱な僕に、靖国神社の英霊達が怒ったのか?仕方なく、九段下の「昭和館」で
雨宿りをしたが、ここは中々オススメ。フリーで昭和のあらゆる映像コンテンツが
かなり良く出来た検索システムで閲覧することができる。安藤組の伝説のヤクザ
花形敬の映像なんかを見ているうちに雨も止んだので、靖国神社へ。
靖国神社は「みたままつり」の最中で、露店が出て賑わっていた。
遊就館」は古代より現代までの戦いの経緯と状況と結果、またその中で我々の
先人達が、如何に祖国と郷土と家族のために命を賭けて戦ったかということが
とても効率的に分かるようになっている。これらを見ていると、軟弱で身勝手な僕だが
かなり心にグッとくるものがあった。でも、ある意味これまでの日本の戦争全肯定的な
博物館があるということと、しかもそれが靖国神社内にあるというのは、さすがに
ちょっとヒイた。戦車やゼロ戦など兵器の類もわんさと展示してあるし。

f:id:sukemaro:20060715173111j:image:w300



「レストラン七條」
http://eatout.jp/archives/2003/08/post_59.html
昭和館
http://www.showakan.go.jp/
遊就館
http://www.yasukuni.jp/%7Eyusyukan/index.html

疵(きず)―花形敬とその時代 (文春文庫)

疵(きず)―花形敬とその時代 (文春文庫)