シューメーカー・レヴィ第9彗星

3〜4ヶ月前からなんか調子がイイなぁ...と感じている方はいないだろうか?
僕は実感している。何て言うか以前よりポジティブというか、迷いが無いというか
やっちゃえやっちゃえ的ノリというか。当blogのエントリーを遡ってもそれは明らか。
3ヶ月前位からは、それ以前よりもかなり活発に、飲み食いし投資し遊んでいる
(仕事のモチベーションは関連外らしい・・・)。タイミング的に4月の誕生日に前後して
そんな感じになったので、X年早く「四十にして惑わず」の境地に達したのかなぁと
自分の中では結論付けていた。が、最近興味深い記事を見つけた。
サンプラザ中野さんとその知り合いの方も同じように感じていたようだ。
マネックスメールの「サンプラザ中野の株式ロックンロール 2006年7月20日」より

先日ある人と会った。その人も最近調子が良いと言った。「以前と違い、気分が
ブルーにならない」と。「気分の変動はあるのだが、その波がブルーの領域にまで
下がらない」と。しかも「3月からだ」と。1994年にシューメーカー・レヴィ第9彗星が
木星に激突した。太陽の核爆発級のエネルギーが放出されたとされる。
そのエネルギー(素粒子やら放射線やら)がそろそろ地球に到達し始めたという説が
あるようだ。そのエネルギーを受けて俺は気分が良いのかもしれない。

太陽フレアの状態と地球上の経済活動が不思議とリンクしていることは
エコノミストとかマーケット・ウォッチャーの間では結構有名な話だったりもするし
宇宙での惑星間の出来事が地球上の生物に何らかの影響を与えていることは
確かだと思う。これから自分がどうなっていくのか楽しみな反面、サンプラザ中野さんも
指摘しているが、ここ数ヶ月間で世界的にキナ臭い事件が立て続けに起こっている
ことがこれと関連しているんじゃないかとちょっと気になる。


シューメーカー・レヴィ第9彗星 - Wikipedia