保険を見直す

今契約している生命保険を全面的に見直すことにした。
現在の契約状況は以下のとおり。


1.国内大手生保の終身保険(医療特約付き):妻&私
 死ぬと何千万円か入ってくる、良くあるパターンのいわゆる掛け捨てというヤツ。
2.国内大手生保の年金保険:私
 社会人になった時、生命保険会社に就職した知り合いに頼まれて入った
 月々積み立てタイプの年金保険。当時仕方なく契約したが、バブル期の
 ありえない高金利がコミットされているため、ゼロ金利がやっと解除された
 今では夢のような内容になっている。もっと入っておけば良かった。
3.国内大手生保の一括払い利子配当付き終身保険:私
 一括で数百万支払うと、死んだ時その約2倍位の保険金が支払われる。
 死ななくても元金は年率2%位で複利運用されて解約時に全額返金されるというもの。
 預金や投資信託よりも税的な優遇メリットもあり。


で、僕が死んでも、まだ子供もいないし、即生活には困らない位の貯えはあるし
妻も比較的安定的な仕事を持っているということから
・死んだ場合のお金は要らない。だけど、死んでさらに出費があるのは
 悲しいので、せいぜい葬式代だけもらえれば良い。
 でも掛け捨ては嫌なのでちゃんと運用してくれるヤツがいい。
・さすがに病気やケガは心配なので医療保障は欲しい。近年の日本人の
 死亡原因と遺伝的にガンリスクがあるのでガン保障は欲しい。 
ということから
「1.国内大手生保の終身保険(医療特約付き)」
を解約して、外資系生保が販売している


1’.ガン重点生活習慣病保険
 病気やケガになった場合の一時金と入院費と通院代が一定額支払われるもの。
 特にガンになった時の保障が手厚くなっている。
と妻の死亡時の葬式代とドル建て資産運用という目的で
2’.ドル建て一括払い終身保険
 一括で約US$7,500支払うと死んだ時にUS$30,000支払われる。
 元金は15年間は年利約5%コミットで複利運用され解約時に
 全額返金されるというもの。為替リスクあり。


を契約することにした。
これで大体、月に1回銀座の一流の寿司屋に二人で行ける位のコストを
削減することができた。まず、契約変更後に浮いた金で寿司でも食べに行きたい。
でもまぁ、これら保険は使わないで済むのが何より一番だと思う。
それが保険会社と僕達のwin-win