六郷神社

この正月は毎年のことながら飲んだくれ&食い倒れ正月だった。
今日やっとアルコール抜きになることができて、嬉しいような寂しいような。

f:id:sukemaro:20070103161649j:image:w350

蒲田・六郷の総鎮守「六郷神社」。僕自身のお宮参り、七五三もここで行った。
初詣も、物心ついてから現在宅に引っ越すまではいつもここでお参りしていたし
夏のお祭りも楽しみで、小さい頃は良く山車に乗った。僕の守護神と言える。

f:id:sukemaro:20070103161709j:image:w350

諸事情により、我一族は(って書くとすごい大袈裟な感じ)、昭和の初めより
祖父の代から住んだこの蒲田・六郷の地より完全撤退することになった。
この六郷神社に初詣するのも、これが最後かもしれない。
第一京浜沿道で生応援する箱根駅伝もこれが見納めかなぁ。

f:id:sukemaro:20070103131634j:image:w350

祖父が身ひとつで上京し、西六郷の借家から始まり、東京大空襲で焼けた
東六郷の薬品工場跡地を買取ってバラックを建て、現在の家に建替えし
アパート経営もした。その間、祖母をめとり、父や叔父達が生まれ、さらには
僕のような孫達も生まれ育った。そんな一族所縁の土地であり、祖父母の人生
そのものであり、僕のかけがえのないホームタウンである六郷から、今月離れる。
僕自身は他の場所に住んでも、この地が常に心にあったし、いつでも帰って
来れたので、この地と完全に縁が切れてしまうことが、まだ実感として沸かない。
でも話が具体的になるにつれ、なぜか心が落ち着かなくなってきた。
オーバーな表現だが、故郷を失う喪失感ってこういうものなんだろうか?


「六郷神社」
http://rokugo.or.jp/