オステリア・ナカムラ(六本木)

すっごく久しぶり「オステリア・ナカムラ」に。
「Livio Felluga"Vertigo"」はとてもCPの優れたワイン。

f:id:sukemaro:20070112192456j:image:w250

前菜に「牛ほほ肉とレンズ豆の焼きテリーヌ」を。「これはよく来られていた時には
無かったメニューですよ」と言われた・・・。ぶ厚く切ったテリーヌに粉をつけて
ソテーする。一見きんつばのように見えるが、表面はカリカリで中身はプルプル
牛ほほ肉の濃厚な旨味とレンズ豆の甘味が合って美味しい。
テリーヌを焼くというのはイタリアには無くオリジナルとのこと。
今まで食べた前菜の中で一番気に入った。こんな美味しいものを食べるチャンスを
失っていたとは、やっぱりちょくちょく来てないとダメすね。
他に定番メニューの野菜のアンチョビソースがけを。

f:id:sukemaro:20070112194101j:image:w350

この店に来たら、やはりパスタはラグーソースの手打ちパスタだ。
猪肉とゴボウのラグーをタリアテッレで、これが食べたかった。
他に辛めに味付けたカラスミのパスタも。

f:id:sukemaro:20070112201917j:image:w350

メインに、豚喉軟骨とモツの煮込みを。名前だけなら居酒屋の料理みたい。
下手な下町のモツ煮込屋よりもダイナミックにぶつ切りしたモツがタップリ
入っている。これは僕にとってはド真中の料理。
また、中村シェフはルックスに似合わず、とても美味しいドルチェを作る。
イチゴのバルサミコソースがけミルクのジェラート添えと
定番のリコッタチーズとヘーゼルナッツのケーキを。

f:id:sukemaro:20070112210805j:image:w350

いや〜美味しかった。なんだかんだ言ってもイタリアンは、僕はこの店が
一番好きかも。その後、西麻布「タフィア」でこのエントリーで書いた
「coeur de chauffe」をガツンと、う〜ん大満足だ。
今年も美味しい料理と美味しい酒をたくさん飲み食いしまっせ。