みんなマシーン

この発言には僕の知り合いの女性ブロガーも何人か敏感に反応していた。
そりゃ頭にくるよね、男だって子種を作る機械でしかないんだから。
Yahoo!ニュース−柳沢厚労相 女性を「出産する機械」とも例える発言

柳沢厚労相少子化対策に言及する中で「15から50歳の女性の数は
決まっている。産む機械、装置の数は決まっているから、機械と言うのは
何だけど、あとは一人頭で頑張ってもらうしかないと思う」などと述べたという。

そもそも地球上の有機生命体はみな”種(しゅ)”の継続がミッションであって
全てそのためにデザインされていて、それに優れたものが生き残ってきた
わけであって、ネ申の視点からすれば、男も子種を製造する機械に過ぎず
つまり男も女もみんなマシーン、まさしくセックス・マシーンなのだと思う。
こんな真理を大昔からシャウトしていたJBはエライ、さすが、ファンクのネ申!
JBならともかく、一政治家がそんなネ申の視点で物事言うから物議を醸すんだろう。
ちなみに、そのミッションを果たしてない子無し(現時点の僕もそうだけど)が
存在価値無しかと言えば決してそうではなく、そういう例外は種のリスクヘッジ
として必ず存在しなければならないので、その例外がいるからこそ、次世代に
優れた”種”を継続できるのだと思う。
って僕が子供を作らないつもりでは無いです。