カーザ・ヴィニタリア(麻布十番)

予約困難な人気イタリアン、麻布十番の「カーザ・ヴィニタリア」へ。
正直いつ予約したんだか忘れるくらい遠ーい昔に予約した。
Vinitaliaというだけあってワインが豊富。1Fにはワインショップも併設している。
でも無難なところでバルバレスコを。

f:id:sukemaro:20070313201439j:image:w250

名物の季節野菜のバーニャ・カウダ。
新鮮な野菜が種類豊富に並び、野菜を食べる喜びを堪能できる。
特にアンディーブが肉厚でさわやかで美味しかった。

f:id:sukemaro:20070313192459j:image:w350

この日のフェイバリット、黒トリュフがタップリと盛られた桜肉のタルタル。
黒トリュフの良い香りに、桜肉はネットリとして風味豊か。
他に、焼トリッパのサラダも。トリッパがちょっと脂っぽかった。

f:id:sukemaro:20070313195342j:image:w350

パンチェッタとトマトをカルボナーラっぽく仕上げた手打ちパスタ。
パスタはもう一品、シンプルなパスタを付けられるということで
ヘーゼルナッツのアーリオ・オーリオを、香ばしくて美味しい。

f:id:sukemaro:20070313201659j:image:w350

セコンドは、牛テールのグリルを。
焼かれた脂とゼラチン質部分が濃厚なソースに合って、ワインが進む。
マッシュポテトには溶けたゴルゴンゾーラがタップリと。
別盛のココットでユリネとインゲンのグリルがつく。

f:id:sukemaro:20070313203418j:image:w350

ドルチェはココットで焼いたリンゴのハニージェラート添えを。
大満足でむちゃくちゃお腹いっぱい。
これでコース5500円はすばらしい。2人で行って、ワインを1万円クラスのを
頼んでも2万ちょい。人気があるのが良く分かった。
料理が出てくるタイミングも良く、サービスもとても気持ちが良い。
流行りの店の常で、周りの客はちょっと下心ありあり風なカップルや
グループが多く、変にすましてかしこまった雰囲気だったのだが
そんな中、独り牛テールを素手でつかんでガシガシと骨をしゃぶっていたら
「きれいに食べていただき、ありがとうございます」
と嫌味無く親しみを込めて爽やかに言われた。
食事後、早くも次の予約を入れている客もいた。そんな気持ちも分かる良い店。