最後に行く着くところ

某東京近郊にある当家(って書くとすっごい大袈裟な感じ)の墓へ墓参りに。
ここに墓参りに来たのは10年ぶり以上じゃないだろうか?
ご先祖様はもっと大事にしないといけないよね。本当に。

f:id:sukemaro:20070520105422j:image:w300

ありがたいことに、僕は直系の長男ということで、面倒な手続きや法外な
お布施を納めることなど無しに、死んだら無条件にここに入れるらしい。
あ、一族から破門にされたらダメか?(でもその時には、破門にした立場の
親戚筋も既にこの世にはいないような)
しかしこれからの人生、どこに住み、どこに行くのかはまだ全然分からないのに
最後に行き着くところだけは既にコミットメントされているというのは
とても不思議な感じがする。
最後に行き着く場所が決まっていないよりは幸せなのだろうか?
死んでしまったその当人にとっては、もはやどうでも良いような問題な気もするけど。