ほかけ(銀座)

銀座の「ほかけ」へ。
叔父が30年来贔屓にしているということで、連れてってもらった。
一見で行く緊張感も嫌いじゃないけど、常連について行くのは
やっぱり気楽で良いね。

f:id:sukemaro:20070714132116j:image:w270

風情ある佇まいと店内の雰囲気は、銀座の老舗の寿司屋の中でも屈指と言われる。
親方も物静かで品があって渋い。

f:id:sukemaro:20070714125620j:image:w350

ほかけのロゴ(っていうとなんか違和感あるが)は、”恋”という字に見える。
粋な上に艶がある。

f:id:sukemaro:20070714113040j:image:w350

タイラ貝とシャコが特に良い物が入ったということで、早速。
タイラ貝は食感がサクっとしてその瞬間に口内に広がる香りが素晴らしい。
シャコはこんなに身が厚いのはこれまで見たことが無かった。

f:id:sukemaro:20070714120805j:image:w350

車海老のきれいなこと。ほれぼれする。
アジ、コハダ、カスゴといったシメたものやアワビ塩蒸し、穴子など
江戸前の定番も素晴らしく美味しい。

f:id:sukemaro:20070714123434j:image:w350

どんな寿司屋の名店に行っても、これは普通だったなぁというのが
ひとつ位はあるけど、全てが素晴らしかった。
なんでも○越の店舗拡大工事のため、8月で今の店は閉めてしまうらしい。
「移転先探してんだよ」と親方は言っていたが、このまま閉めちゃうかもとも・・・。
今の風情ある店が無くなっちゃうのは本当に残念だけど、せめて店だけは
どこかで続けてほしいなぁ。

f:id:sukemaro:20070714200115j:image:w350

お土産にばらちらしを作ってもらった。これまたなんともきれいでとても贅沢。
おぼろがひいてあって悶絶するくらい美味しかった。