名曲

とかく華やかな面のみにスポットがあたって、先端行ってて明るく楽しく
金儲けができると大きな誤解をされがちなITビジネスの現実を的確に表した
秀逸な替え歌を見つけたので引用。山達の「クリスマス・イヴ」で。

バグは夜更け過ぎに仕様に変わるだろう
♪ バグは夜更け過ぎに
♪ 仕様に変わるだろう
♪ サーバー・ダウン ケータイ・コール
♪ きっと誰もこない
♪ ひとりきりの客先
♪ メモリー・リーク コア・ダンプ

”客先”を”サーバールーム”とかに替えてもいい感じ。
メモリー・リーク、コア・ダンプなんてのがWindowsやUNIX系OSな感じで
ケータイ・コールなんてのも比較的新しさを感じる。
これに対し、同じような名曲として、おもいっきりオールドスクール
メインフレーム全盛期を感じさせるのは、僕の友人も勤めている某社の歌。
社員手帳にも載っていて正式に認定された立派な社歌のひとつらしい。

CSKずっこけ音頭
♪ オペミス出ました 徹夜だよ
♪ 今日もリカバー オペレーション
♪ 夜の王者の 朝がえり
♪ 頭ボンヤリ ひげボウボウ
♪ これも人材 CSK
♪ あぁ、むさ苦しい むさ苦しい

噂によると、日本のIT界のレジェンド、故大川功名誉会長の作詞で
ご本人が熱唱するCDも存在するらしい。