嘉門(神保町)

神保町の裏路地にひっそりと佇む「嘉門」へ。

f:id:sukemaro:20070720190158j:image:w350

雰囲気も料理も酒もサービスも、とても簡素で高潔さを感じさせる。
料理は酒肴コース3500円のみ、日本酒は全て一杯500円。
一人で切り盛りしているオヤジさんが酒を選んで出してくれる。
このオヤジさんがドンと構えつつもやさしくてとてもいい感じ。

f:id:sukemaro:20070720214838j:image:w350

湯葉と牛肉の和え物、クロダイの刺身、夏野菜の煮浸し、サンマの素揚げ
茄子と海老すり身の揚げ物などなど気の利いた肴が出てくる。
酒はオヤジさんが「じゃあ、北の方から」ということで
弘前の「豊盃」、鳥海山の「杉勇」、松本の「大信州」などを。

f:id:sukemaro:20070720202608j:image:w350

この値段でこの内容はすばらしい。ネットで調べたら、以前は仙台にあった
かなり敷居の高い名店だったらしい。どういう考えで形態を変えて東京に
しかも神保町の裏路地に店を出したんだろう?聞いてみたいなぁ。

f:id:sukemaro:20070720235523j:image:w350

その後、「ブラッセルズ」でベルギービールを。
神保町、御茶ノ水界隈って良い飲み屋不毛の地だと思っていたけど
いやいや良い店あるじゃないか。