スズムシ

物好きで無節操に多趣味なのは母親からのDNAだが
そんな母は、ここ数年、夏になるとスズムシの飼育にハマっている。
想定外に繁殖してしまったらしく、おすそ分けが我が家にも来た。
昆虫を飼育するなんて小学校以来じゃないだろうか。
リーン、リーンと涼しげな声(正確には羽音)で1日中鳴いている。
スズムシと日本人の付き合いは古く、平安時代の貴族は籠に入れて
その鳴き声を愛しんでいたらしい。

f:id:sukemaro:20070802082737j:image:w350

しかし・・・スズムシの外見ってほとんど小さめのゴキブリと同じ。
もし夜中にキッチンで目撃したら、躊躇することなく叩き潰すだろう。
きれいな鳴き声を出すか出さないか、ただこの1点の違いがあるだけで
一方はいにしえの世から愛でられ、もう一方は憎まれあらゆる手段で抹殺され。
評価って、生物問わず、そんな単純なところで決まるんだよなぁ。