イスタンブール#3

金角湾にかかるガラタ橋。先に見える塔はガラタ塔。
イスタンブール#1の画像はこの塔の上から撮ったもの。

f:id:sukemaro:20070905233842j:image:W400

ガラタ橋には釣り人がたくさんいる。

f:id:sukemaro:20070906215949j:image:W400

橋のたもとには魚市場も。サバやアジがたくさん獲れるみたい。

f:id:sukemaro:20070906213141j:image:W400

で、当然魚市場には魚を狙うネコタスも。

f:id:sukemaro:20070906214101j:image:W400

金角湾で遊ぶイスタンブールっ子達。元気いいなぁ。

f:id:sukemaro:20070906214848j:image:W400

ガラタ橋の近くにはサバを焼くおじさんが。とっても良い匂い。

f:id:sukemaro:20070905191313j:image:W400

で、この焼きサバをどうするかというと
大根おろしと醤油でゴハンと味噌汁と一緒に出してくれるなんてことはなく。

f:id:sukemaro:20070905191452j:image:W400

オニオンと共にバケットに挟んで出してくれる。
これぞガラタ橋名物「バルック・エメリッキ」、通称サバ・サンド。
レモンを絞って塩をかけて食べる。日本人にとっては違和感ありありな感じだけど
いやこれがマジで美味しい。お代わりしたかった。
脂が乗ってサバが質がとても良いし。

f:id:sukemaro:20070905225227j:image:W400

ガラタ橋の桟橋から出ている定期船に乗って、ヨーロッパ大陸とアジア大陸を
分けるボスフォラス海峡をクルージング。
アジアサイドの海岸は高級住宅地になっているらしく、豪邸が並ぶ。

f:id:sukemaro:20070905223013j:image:W400

あちこちに寄りながら約1時間30分後、終点のアジア大陸側の街
アナドル・カヴァヴに到着。このすぐ先はもう黒海だ。

f:id:sukemaro:20070905212439j:image:W400

アナドル・カヴァヴの海辺のレストランで、ムール貝のフリットを
つまみつつ、EFESビールをグビグビと、幸せです。
ヨーロッパサイドでもアジアサイドでも飲んでます。