SPEED RACER

1967年4月に日本で、ある2つのものが生まれた。
ひとつは、日本ばかりかアメリカでも爆発的にヒットし、タランティーノはじめ
多くの映画監督、クリエイター、アニメーターに大いなる影響を与えた
タツノコプロ制作アニメ「マッハGoGoGo」。
もうひとつは、日本はおろか家族、友人など周囲にすら何の影響も
与えていない単なる飲んだくれオヤジの私である。
同い年の私にとって「マッハGoGoGo」は再放送で経験した組であるが
オープニングテーマのノリの良さと何と言ってもマッハ号のカッコ良さに
子供心を鷲づかみにされた。
今でも車を調子よく駆っている時は、マッドマックスのメル・ギブソン
マッハ号の三船剛になりきって走っていることが多いような。
そんな「マッハGoGoGo」が満を持してハリウッド映画化。
監督はこれまたジャパニーズアニメから大きくインスパイアされたと公言する
マトリックスのウォシャウスキー兄弟。
良くありがちな”敵か味方か謎のキャラ”だった覆面レーサーX
(正体は三船豪の実の兄で味方だったけど)を演じるのは「LOST」の
ドクことマシュー・フォックス、ハマリ役だ。
何気に日本人俳優では一番ハリウッド映画に出てるんじゃないかと
思われる真田広之もしっかり出ているらしい。
あのボタンを押すと出てくる特殊機能がどんな風に映像化されるのか
楽しみ、ウォシャウスキー兄弟だけに期待値高め。
しかし、マッハGoGoGoといいキャシャーンといいガッチャマンといい
タツノコプロのクリエイティビティってスゴイなぁ、いなかっぺ大将とか
ハクション大魔王とかみなしごハッチとか守備範囲も広いし。

f:id:sukemaro:20071010212149j:image:w350


「SPEED RACER公式サイト」
http://speedracerthemovie.warnerbros.com/